menu

wagyu sous vide

藤沢市鵠沼橘1-1-15
イマジンビルⅡ 3階
火曜日~日曜日
lunch
11:30~14:30(LO.14:00)
dinner
17:00~23:00(LO.22:30)
月曜定休日

TEL.0466-52-8468

宮崎牛について【藤沢の隠れ家ステーキバー wagyu sous vide】

昨今では、和牛の海外需要も高まり、日本各地のブランド牛が世界各国に輸出され、和牛農家も品質アップに力を入れています。
そこで、今回はwagyu sous vide でも取り扱っている宮崎牛について紹介したいと思います。

宮崎牛と名乗るには

九州は宮崎県が自信をもって世に送り出すブランド牛『宮崎牛』。
宮崎で生産された牛肉が全て「宮崎牛」という名を名乗れるわけではありません。
『宮崎牛』という称号を得ることができるのは、厳しい基準をクリアした厳選された牛肉のみです。

厳しい宮崎牛の認定基準

宮崎牛と名乗るための条件は、「宮崎県産の黒毛和種であること」が第一条件。
黒毛和種は、日本で和牛と認められている4種のうちの一つ。
黒毛和種は、良質な肉質と脂の旨味から世界最高峰の牛肉として海外からも認められた品種です。

そして、宮崎牛と名乗る第2条件は『肉質等級が4以上』。
肉質等級は、その名の通り牛の肉質の評価で、5が最高値となります。
評価の基準となる項目は4つ。

  1. 脂肪交雑
  2. 脂肪の色沢と質
  3. 牛肉の締まりときめ
  4. 牛肉の色沢

この4つの項目を、それぞれ1~5で評価し、その中で最も低い項目の数字が枝肉1本の肉質等級となります。
つまり、1項目でも評価3になればその枝肉は肉質等級3になってしまいます。
肉質等級4になるためには、全ての項目で4以上の評価を獲得しなければいけません。

宮崎県産の黒毛和種で、肉質等級4以上を獲得して初めて『宮崎牛』の称号を得ることが出来ます。

宮崎牛の歴史

宮崎牛の歴史は25年以上。
『宮崎牛』というブランドが確立する前から、宮崎では、素牛(子牛)の肥育が盛んに行われていました。
宮崎で肥育された素牛は、三重県や佐賀県などに送られ優秀な銘柄牛として育てられています。

そんな背景から、宮崎県は優秀な血統の素牛を数多く保有。
その中で、宮崎県独自の和牛銘柄をブランド化しようと誕生したのが『宮崎牛』。
宮崎の広大な自然と優秀な血統により、高品質な和牛となった『宮崎牛』は、その名を確立していきます。

宮崎牛の味わい

宮崎牛の味わいの特徴は、サシ(霜降り)の良さです。
宮崎牛は、肉全体にきめ細やかなサシが入り、脂の旨味が豊富。
黒毛和種の脂肪融点は低いため、脂は口の中で溶け出すほど滑らか。
口の中で溶け出す宮崎牛の脂は芳醇なコクを感じさせてくれます。

和牛のジューシーさを全面に感じさせてくれるのが宮崎牛です。

宮崎牛の評価はお墨付き

5年に一度開催される和牛の品評会『全国和牛能力共進会』での受賞歴も多い宮崎牛。
ここ最近でいうと、平成29年9月7日から11日に宮城県で開催された「第11回全国和牛能力共進会」において、宮崎牛は9部門中3部門の優等賞首席に加え、第8区の肉牛の部で最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞しています。

『全国和牛能力共進会』では、2012年から肉の味に関する項目が評価基準として加わっていますので、宮崎牛は肉質等級だけではなく味に関してもしっかりと評価されたことになります。

また、宮崎県は熟練された畜産農家が多く、その数なんと500戸以上。
宮崎牛の肥育頭数は1万頭を超えます。各農家が切磋琢磨競い合うために、宮崎牛の品質は保たれています。

そして高品質な宮崎牛の評価は、海外にも広がっています。
現在、アメリカや香港・シンガポールに輸出され、そこで高い評価を受けています。

宮崎牛を美味しく食べるには

宮崎牛はサシが多くジューシーなので、サーロインやリブロースなど脂の多い部位は焼肉・しゃぶしゃぶなど脂を落とす食べ方がおすすめです。

宮崎牛をステーキにするなら脂の少ない赤身が一番。
wagyu sous vide では、宮崎牛の赤身部位、トンビ・ウチモモ・ランプをメインに低温調理ステーキとして提供しています。

ジューシーな宮崎牛の赤身肉を是非ご堪能下さい。

≫wagyu sous vide のご予約はこちらから≪